酵素 不足 原因

酵素が不足する原因

 

酵素が不足する原因は、加齢、食生活、生活習慣です。

 

食生活・生活習慣による不足

 

酵素不足の原因となる生活習慣には、様々なものがあります。

 

食事をインスタントのものやファストフードで済ませてしまう、過度の喫煙や飲酒、暴飲暴食、ストレス、睡眠不足などが挙げられます。

 

日本人の生活は経済の発展や国際化のもとにこの40年ほどで大きく変化しました。肉料理をいつでも食べることのできる環境となり、ハンバーガーなどのファストフードをはじめ、世界中の料理を食べることのできる便利な環境が出来上がりました。

 

その一方で酵素がたくさん含まれている生野菜や納豆などの発酵食品を摂る回数が極端に減ってしまいました。

 

そうでなくとも酵素は熱に弱いという性質を持つため、和食や鮨などを除いて外食で出される料理にはほとんど含まれることはありません。(酵素を含む食材

 

つまり、外食やコンビニのお弁当などを食べる機会の多い人は外からの酵素の補給がままならないため、体内にある酵素を大幅にむだ遣いしてしまうということになります。

 

 

加齢による酵素不足

 

体内の酵素は、30代になる頃から次第に低下していきます。

 

50歳になった頃には、25歳の頃の半分の量まで減少してしまうのです。そして酵素の量が減少すると老化が早まるという悪循環も生まれます。

 

このため食生活や生活習慣にどれだけ注意して気を使うかで、健康維持や老化防止の効果に違いが現れます。

 

酵素は人間の消化と代謝に大きく関わっており、健康で若々しい身体を維持するために不可欠なものと言えます。

 

しかし、食生活や生活習慣が乱れることで酵素は大幅に減少してしまいます。

 

 

酵素を補うサプリメントはコチラ>>