酵素 時間帯 食材

生活習慣と酵素

 

酵素が含まれる食材は?

 

人が健康的に生きていくための理想的な食生活とはどんなものでしょうか。

 

肉類や油ものの摂取を控えて、白米の代わりに雑穀枚や玄米などを取り入れる、おかずにはレンコンやゴボウなどの根菜類、わかめやひじきなどの海藻類、生野菜、果物をバランスよく取り入れるということです。

 

そして、野菜はできるだけ無農薬や有機栽培のもの。

 

酵素は熱に弱いため、生の食材にしか含まれていません。そのため、温野菜や煮野菜ばかりでなく、サラダなど生の野菜も食べるようにする。

 

魚も刺身や鮨など生で食べる機会を増やすと良いでしょう。

 

また、ミネラルウォーターのように質の良い水を飲むこと。

 

和食、洋食のどちらが良いかといえば、栄養のバランスやカロリーの面からも和食が良いと言えます。

 

 

なぜ生活のリズムが大切なのか?

 

体内に存在する酵素が使われる場合、時間帯によってその種類が異なります。

 

代謝酵素は20時から翌4時までが活発となります。

 

つまり、その時間の前までに消化酵素を摂っておくと、代謝酵素が無理なく作られます。消化酵素が多く使われる時間帯は12時から19時なので、夕食は19時までに食べるのが理想と言えます。

 

代謝酵素には、栄養素を身体の隅々にまで送り届ける働きと細胞の活性化を促進させる働きがあります。また、毒素の分解、解毒、排泄の重要な働きも担っています。

 

酵素をたっぷり体内に取り入れることで、消化が促進されていても代謝酵素をむだ遣いすることなく、身体に貯めておくことができるため、寝ている間にその機能が十分に発揮されることになります。

 

消化機能と代謝機能を順調に働かせるためにも、生活のリズムを整えることが必要と言えます。

 

 

<< トップページに戻る